ワキガ対策をしている内に痩せることができる!においも体系も変化する

ワキガ対策をしている内に痩せることができる!においも体系も変化する

ワキガのにおいを抑える方法を実施している間に痩せることがあります。その理由はワキガは食生活の改善と日々の運動で抑えられるからです。ダイエットと同じ理屈で、偏った食生活と汗をかかない習慣がワキガを悪化させます。

ワキガ対策と同時に痩せる方法

daietto

ワキガ対策は同時に体内の改善に繋がり、ダイエット効果も期待できます。全ては偏った食生活の改善から始まります。近頃の日本人は食生活が欧米化しておりワキガの割合が増えてきています。その食生活の改善からはじめましょう。

1日の摂取カロリーは1500kcalの前後に抑える

ワキガの原因にカロリーの過剰摂取があります。中でも女性は1日1500kcalを目安に摂取しましょう。そして、肉・魚・野菜をバランス良く摂取することで食物繊維が体内から老廃物を除去してくれます。肉より野菜を多めに摂りましょう。

炭水化物は控えちゃいけない

「糖質が最も太る原因になる」と言われていますが、ワキガの方は炭水化物を抜くとにおいが悪化します。そのため、1日240gの炭水化物が必要となります。おにぎりだけで考えると約6個分ですが、他のものからも炭水化物は摂れるため、目安程度にしておきましょう。

また炭水化物を取ることで体内が燃えやすくなり、体から汗が出やすくなります。体から汗が出ることでデトックス効果を生み、ワキガに効果があります。

運動で汗をかく習慣をつける

汗をかくことに嫌悪感を抱くワキガの方も多いですが、汗をかくことはワキガのにおいを抑える方法に最適です。常に体から汗を放出することで老廃物の溜まりにくい体になります。

例え、運動が苦手な方でもヨガやプール、サウナなども汗をかくことに効果的です。目的は汗をかくことですが、キムチ鍋やカレーなどの辛いものを食べて汗をかくことは意味がありません。

ワキガ対策を内に体が痩せていく

ワキガ対策は生活習慣を見直すことに効果があります。ワキガの改善は体内から変わっていきます。体内に脂肪が少なくなることで、汗のかきにくい体になりワキガのにおいが出にくくなります。それは、代謝が悪いことではなく体内の温度調整が上手くいくようになっていることを意味しています。意味のない汗が出ることがなくなります。